オメガのフライトマスターに現代版があったらどのようなものになるだろう

この問題を専門家に相談した。その結果をお伝えする。

私は時計に関して最上級の言葉を使うのは苦手だ。各社のマーケティング部門はすでにそれをやりすぎている(記事「時計製造における”世界記録”の裏事情」参照)。このような時計界の悪い習慣を永続させたくはないが、もし私が史上最も興味深いパイロットウォッチは何かと聞かれたら、オメガのフライトマスター(flightmaster: そう、fはわざと小文字)以外の答えは考えられないのだ。

オメガ偽物 シーマスターダイバー300コーアクシャルマスタークロノメーター 東京オリンピック2020 522.30.42.20.04.001

詳細情報

カテゴリ:オメガ ダイバー300M(新品)

型番:522.30.42.20.04.001

機械:自動巻き

材質名:ステンレス

ブレス・ストラップ:ブレス

タイプ:メンズ

カラー:ホワイト

文字盤材質:セラミック

外装特徴:シースルーバック

回転ベゼル

ケースサイズ:42.0mm

機能:デイト表示、ヘリウムガスエスケープバルブ、耐磁

付属品:内箱、外箱、ギャランティー

オメガが2020年の東京オリンピックのオフィシャルタイムキーパーを務める事を記念して作られた【シーマスター300 コーアクシャルマスタークロノメーター東京2020】。

ホワイトエナメルのダイビングスケールが付いたブルーセラミックベゼルを備え、サファイアクリスタル製のケースバックには東京2020オリンピックのエンブレムの特別なプリントが施されています。

ムーブメントには55時間パワーリザーブ、METAS認定のマスタークロノメーター8800を搭載します。

フライトマスターは、一般的なパイロットウォッチを、ドレッシングをかけずに乾燥させたアイスバーグレタスのように見せてしまうほどインパクトがある時計だ。クロノグラフとGMTの両方の複雑機構を備えたカラフルなディスプレイ、放射状と円形のサテン仕上げが印象的な、丸みを帯びた見事なUFO型のケース。そして1971年に120mの防水性を誇っていたことは、現代のスポーツウォッチの開発者が恥ずかしくなるほどだ。実際、ほとんどの時計がまったく退屈に見えてしまうほどの時計。フライトマスターは、そんな存在なのだ。

しかし、この素晴らしいデザインにもかかわらず、悲劇的なまでに短命に終わってしまった。1969年に発表され、1977年までしか生産されなかった。フライトマスターはもう存在しないし、おそらく戻ってくることもないだろう。

しかし、もしそれが復活するとしたら? オメガは2009年にプロプロフ、2014年にスピードマスター MK IIを復活させたが、いずれもコレクターに人気の高い70年代のチャンピオン級のプロフェッショナルモデルだった。フライトマスターはまだコレクターが注目する主流の時計ではないが、それは変わりつつある。フライトマスター オンリー(flightmaster only)と言う本が出版されたとき、この時計の歴史がより多くの人に伝わり、このモデルに対する話題が生まれたが、時計の価格はまだ劇的には上昇していないため、現在ではお買い得と言えるだろう。

この現代版 “フライティー”がどのようなものになるか。その答えを、ヨーテボリを拠点とし、時計が大好きな自動車デザイナーのデヴィッド・ビーズリー(David Beasley)氏に尋ねた。彼はランドローバー、ピニンファリーナ、BMW、日産、そして最近ではマクラーレンのためにデザインをしており、その傍ら、スリルを求めて探索的な時計デザインをしているのだ。2019年、彼は現代版のフライトマスターのさまざまなモデルに焦点を当てたデザイン研究をおこなった。

【関連記事】:http://yuejihua-rose.com/item/template/diary.cgi

「オメガのフライトマスターに現代版があったらどのようなものになるだろう」への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です