「トップマン デザイン」秋冬ロンドン・メンズ ロンドン一の人気ブランドに望むもの

ロンドン・メンズ・コレクションが開幕し、秋冬シーズンのコレクションサーキットがスタートした。

開幕初日にコレクションを発表した注目ブランドは、「トップショップ」が販売するメンズ「トップマン」のコレクションライン「トップマン デザイン(TOPMAN DESIGN)」。今シーズンは、ハイテク技術の登用と、昨シーズン、ウィメンズの世界で台頭した「脱・リアル」とも思える挑戦的なシルエットの2点がハイライトだ。

まずハイテク技術においては、PVC(ポリ塩化ビニル)の多用が印象的だ。トランスペアレント(透明)なPVCは通常なら春夏シーズン、近未来的な雰囲気を表現するために用いる素材だが、「トップマン デザイン」は秋冬に、サヴィル・ローさえ思わせる伝統的なスーツスタイルの中に積極登用。まるでラミネート加工のようにウールコートの上からボンディング(接合)したり、それ単体でポンチョのようなアウターを作ったり。ボンディングは核となったテクニックで、コートやジャケットのポケットもテープを身頃とボンディングすることで成形。レザーとケーブルニットをボンディングしたトップスも提案した。このほかにも金属糸を用い光沢感を高めたスーツなど、コレクションには意表を突く素材使いとそれを実現可能としたハイテク技術が頻繁に登場する。

挑戦的なシルエットは、着る人にちょっぴりの我慢を強いることでピンと伸びた背筋と逆三角形の上半身を誇張するサヴィル・ローシルエットのジャケットと、センタープリーツのワイドパンツが印象的だ。この日コレクションを発表した他ブランドに呼応したかのような、ひざ下丈まで伸ばしたPコートなどは、半年前にウィメンズの世界で幾度となく現れたミッドカーフ(ふくらはぎ)丈のスカートを彷彿とさせる新しいプロポーションバランスの根幹を成す。一方、ブランケットウールで作ったフリンジ付きのGジャン風アウターなどは、これまたウィメンズの世界で勢いを増しているクロップド丈。抑揚の効いたシルエットを提案している。

伝統的なスタイルにハイテク素材を登用するチャレンジ精神、ウィメンズのトレンドを柔軟に取り入れたクロスジェンダーの視点、そして、半年前に比べ格段に増えたバリエーションなど、評価すべき点は数多い。敢えてリクエストするなら、挑戦的な提案は少し控え目に、逆にリアルでキャッチーな要素を盛り込んでもよかっただろう。ロンドン一の人気メンズブランド「トップマン」から生まれたブランドだけに、「トップマン デザイン」は若年層の男子をファッションショーの世界に誘う役割も有している。だからこそ、彼らが一目見て「着こなせない。やっぱりコレクションは別の世界」と思ってしまうのではなく、「ラグジュアリーブランドやアヴァンギャルドなクリエイションにはチャレンジできないけれど、これなら自分でも楽しめるかも」と思わせる”敷居の低さ”があってもいい。

「リーバイス」とヘロン・プレストンが初コラボ 色と細部で“501”を大胆アレンジ

「リーバイス(LEVI’S)」は5月20日、デザイナーのヘロン・プレストン(Heron Preston)と初めてコラボした「リーバイス × ヘロン・プレストン」のジーンズを発売した。リーバイス ストア 原宿とユナイテッドアローズ 原宿本店のみの販売で、発売期間も5月20日から25日まで。価格は5万5000円だ。キャンペーンビジュアルにはプレストン本人と、モデルでジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)の妻であるヘイリー・ビーバー(Hailey Bieber)が登場する。

optimize.webp (9)メンズとウィメンズの“501”2型を製作し、「リーバイス」のジョナサン・チャン(Jonathan Cheung)=グローバル・ヘッド・デザイナーが全プロセスでプロジェクトにかかわった。メンズは黒×白のタイダイ柄、ウィメンズはプレストンのシグネチャーカラーでもあるオレンジで着色している。いずれも右のバックポケットを一度剥がして裏返して取り付けたり、本来、山折りにたたんで取り付けるレッド・タブをそのまま縫製するなど大胆なアレンジを加えている。

optimize.webp (8)プレストンは「“501”がどれだけ絶対的で、アイコニックな存在かということが分かっただろう?なぜって色を重ねても、ひねりを加えても、それは紛れもなく“501”なのだから。今回のコラボレーションを通じて、僕自身あらためて“501”のすごさに気づかされたよ」とコメントした。

5月20日は、1873年にリーバイ・ストラウス&カンパニーが“衣料品のポケットの補強に金属リベットを使用する方法”に関する特許を取得した日であり、同社は5月20日をジーンズの誕生日=“501”DAYとしている。“501”DAYには毎年、“501”をはじめアニバーサリーなアイテムを発売する。

“イケメン姿”を披露した中条あやみが目指す理想の大人

ハーゲンダッツ ジャパンが昨年からTVCMに起用している女優でモデルの中条あやみを招き、新商品・新CMの発表会を開いた。ミルクチョコレートアイスとチョコチップを組み合わせた新定番商品“クリスプチップチョコレート”にちなんで、中条は一部に本物のチョコをあしらった“チョコレートドレス”で登場した。

optimize.webp (7)イベントでは、12月6日から全国放送する新CMをお披露目。男女がパーティーで出会う内容で、中条は男女2役を演じている。CMではタキシードを着用した男装姿も披露しており、「撮影の時に肌寒かったこともあり、『手伝っていただいた女性の方を守らなきゃ!』とエスコートしたり、男性の気持ちになれました」と撮影中のエピソードを披露した。最後に今年の振り返りと来年の抱負をそれぞれ漢字1字で披露。今年は「美味しいものをたくさん食べたり、地方で素敵な景色を見たりできた」として「美」。来年は、「日本と世界をつなぐ女優・モデルになりたい」という抱負をかかげ、「繋」という字を書いた。

そんな新たな姿を見せた中条をイベント直後に取材した。

今回の衣装である“チョコレートドレス”を着た感想はいかかですか?

中条あやみ(以下、中条):胸元の本物のチョコを使ったブローチのおかげでカカオの香りがして、とてもいい匂いでした。ベロアやレースをあしらっているので、今っぽいドレスだなと。私のサイズに合わせて、手作りしていただいたので、身体にフィットして着心地もいいです。

CMでは男装も披露しましたが、普段のファッションはフェミニン?意外とマニッシュ?

普段はパンツが多くて、スカートはあまり履かないので、どちらかというとマニッシュなスタイルです。ビッグサイズの洋服や、男女兼用の服が好きで、メンズライクなスタイリングが好きですね。

この冬挑戦したいファッションはありますか?

optimize.webp (6)普段メンズライクなファッションが多いので、大人の女性らしくデコルテを出したVネックや、レース素材の洋服に挑戦したいです。これからは20歳としてより女性らしさを出していきたいと思います。

20歳を迎えて、変わったと感じることはありますか?

周りの方の接し方が10代の頃と比べて大人として接してくれるので、身が引き締まるし、責任感を持たないといけないなと思います。

10年後の自分は何をしていると思いますか?

そうですね。“仕事と子育てを両立できる”バリバリのキャリアウーマンになりたいです。

声優に挑戦してみたいです。アニメや映画の吹き替えを出来たらいいなと。あとは、香りがとても好きなので、調香の資格を取ってフレグランスを作ってみたいです。

最近ハマっていることは?

サウナにハマっています!運動も好きですが、これからの寒い季節は汗をかきにくいので、サウナで身体を温めながらストレッチをして汗を流しています。やっぱり寒いと暖かいところに行っちゃいますね(笑)。

ミラノに溢れるアニマル柄やエキゾチックスキン

ファッション・ウイーク期間中には、ランウエイショーだけでなく、バッグやシューズを手掛けるアクセサリーブランドのプレゼンテーションや展示会も数多く開催されている。ウエアにおけるエレガンス回帰が印象的だった2019-20年秋冬は、アクセサリーでもクラシックなムードが台頭。バッグは、かっちりしたシェイプやロゴのメタルパーツが目を引いた。一方、シューズではブーツの豊富さが際立ったほか、スクエアトーやチャンキーヒール、キトゥンヒールからミドルヒールの提案が増加。素材では型押しを含むエキゾチックスキンやパテントレザー、色柄では黒や茶のベーシックカラーに加えた赤や緑、アニマルパターン、チェック、そして、それらの自由なミックスがトレンドに浮上した。ミラノとパリで発表した主要ブランドの新作を3回に分けてお届けする。第2弾は、ミラノで発表した「セルジオ ロッシ(SERGIO ROSSI)」「ジュゼッペ ザノッティ(GIUSEPPE ZANOTTI)」「パウラ カデマルトリ(PAULA CADEMARTORI)」「アクアズーラ(AQUAZZURA)」「バリー(BALLY)」をピックアップ。

optimize.webp (4)「セルジオ ロッシ」はアーティストのギャリー・カード(Gary Card)とタッグを組み、モダンなシューズファクトリーのセットを制作し、その中でプレゼンテーションを行った。新たなシリーズとして発表されたのは、ポインテッドトー × チャンキーヒールが特徴の“セルジオ(SERGIO)”。アクティブでエレガントな現代女性のニーズに応え、さまざまなヒール高でニーハイやロングブーツ、ブーティ、パンプスを提案する。1970年代に使用されていたロゴをアレンジしたタイポグラフィがインソールに施されているのも同シリーズのポイントだ。キーカラーは赤、白、黒、シルバーで、ナッパやラミネートレザーからパイソンやクリスタルメッシュまでさまざまな素材をパッチワークしたストライプは、レトロなトラックスーツから着想を得たもの。大ぶりなラッフルもデザインのカギになっている。イブニングスタイルはクリスタルメッシュで描くラインが印象的。また、新作のダッドスニーカー“エクストリーム(EXTREME)”も多彩なデザインで打ち出す。

optimize.webp (5)「ジュゼッペ ザノッティ」が今シーズン目指したのは、完璧なエレガンスと意表を突くクールさの融合。赤、黒、白のパテントレザーやスエード、アニマルプリントを施したポニースキン、型押しのクロコダイルやパイソン、クリスタルなどの素材ミックスで、ブランドらしいロックな精神を表現している。特に目を引いたのは、18cmのチャンキーヒールに7cmのプラットフォームを合わせたスクエアトーサンダルや、150個のクリスタルで仕上げたフラワーモチーフを飾ったイブニングサンダルといったドラマチックなデザイン。一方、昨シーズンに引き続きフラットからミディアムヒールの提案も多く、デイシューズではウエスタンブーツやダンスシューズから着想を得たレースアップシューズ、パンプス、ニーハイブーツ、フラットシューズなどをそろえる。また、スニーカーラインにはスケートカルチャーから着想を得た新作“ブラッバー(BLABBER)”が登場した。

「パウラ カデマルトリ」はミラノの老舗アンティークショップを借り切り、所狭しと商品が並ぶ棚やディスプレーケースに新作を展示した。“内面的な発見”というテーマにちなみ、会場内ではタロットカードや水晶などを使うプロによる占いのサービスも実施。アイテムのデザインにもスピリチュアルなモチーフやラッキーチャームを取り入れた。シューズは、クリスタルやパールのボタン、ラッフルなどの得意とするフェミニンな装飾に加え、ロゴプレートやモノグラム、ベルベットを用いたスタイルを新たに提案。アシッドカラーのウオータースネーク使いも印象的だ。

セレブリティから高い支持を集め、英国のメーガン・マークル(Meghan Markle)=サセックス公爵妃殿下が愛用していることでも知られるイタリア発の「アクアズーラ」は、コロンビア出身でマイアミとロンドンで育ったエドガルド・オソリオ(Edgardo Osorio)が2011年に立ち上げたブランド。オソリオは数々の受賞歴を持ち、過去には「サルヴァトーレ フェラガモ(SALVATORE FERRAGAMO)」と協業しカプセルコレクションを手掛けたこともある実力派デザイナーだ。今シーズンのキーワードは、“モダンノマド”。ニューヨークからロサンゼルスに移住した女性をイメージして、70sのボヘミアンや90sのミニマルといったムードを取り入れた。種類豊富なブーツのデザインは、フリンジやパッチワーク、エキゾチックスキン使いがポイント。サンダルやパンプスは、きゃしゃなストラップでセンシュアルかつすっきりと仕上げた。今季のキーカラーに据えたグリーンは、さまざまな色味で登場。定番モデルのパンプスやミュール、フラットシューズは、トレンドのレオパードやチェックでアップデートしている。

「バリー」はミラノからスイス南部にある風光明媚な街ツェルマットへの列車の旅をテーマに、駅のプラットホームやクラシックな客車をイメージしたセットを作り上げた。コレクションも、スイスクロスやカウベルの装飾に見られるハート、エーデルワイスなどの小花モチーフなどかの地にちなんだ装飾が特徴。山をイメージしたジグザグラインもアイテムを彩る。ウィメンズの新作バッグは、半月状のシェイプにトップハンドルとクロスボディーストラップを備える“ハリエット(HARRYET)”。2サイズ展開で、スムースレザーのほか、型押しのクロコでも提案する。メンズはバックパックやショルダーバッグなどカジュアルなスタイルが中心だ。シューズはメンズ・ウィメンズ共に、1930~40年代のアーカイブから着想したハイキングブーツが中心。カーリングブーツは、過去にスイスのオリンピック代表に提供していたアイテムのデザインを参考にしている。

1986年大阪生まれ。ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションを卒業後、「WWDジャパン」の編集記者として、ヨーロッパのファッション・ウィークの取材をはじめ、デザイナーズブランドやバッグ、インポーター、新人発掘などの分野を担当。2017年9月ベルリンに拠点を移し、フリーランスでファッションとライフスタイル関連の記事執筆や翻訳を手掛ける。「Yahoo!ニュース 個人」のオーサーも務める。